2008年02月19日

インスタントコーヒーベストテン

instant coffee.jpg

インスタントコーヒーの美味しさベストテン

おいしいインスタントコーヒーBEST10がでていました。

選んだのはコーヒーに詳しい10人の専門家だそうですが、どのような方法で飲み比べてみたのかまたどのような採点基準で行はれたのか解りませんので、それをそのままうのみすることはできません。そこで、まあ参考までにメモしておきました。

ランキング対象となったのは、東京都内の百貨店、食品スーパーが取り扱うインスタントコーヒー17製品なので当然のことながらその他にももっと美味しいものがあるはずです。

いつも言うように味覚は、個人差があります。今までにほんとうに美味しい本物に接してきたかが大事で、味わってきた量に比例するものではないんですね。
それともって生まれた感性が大きいのではと思います。

ですから、ランキング上位のものを選んでのむのも良し、時分の舌を信じるも良しです。

それでは、メモの内容です。(但し銘柄と発売元のみ)

1位 ザ・ブレンド有機栽培珈琲  UCC上島珈琲

2位 モッコナブラックラベル   豊産業

3位 ネスカフェ香味焙煎    ネスレ日本

4位 スペシャルブレンド    キーコーヒー

4位 プレミアムブレンド    キーコーヒー

6位 ブレンディインスタントコーヒー   味の素ゼネラルフーズ

7位 クライス ロイヤルセレクション   キャピタル

8位 マキシムちょっと贅沢なコーヒー店  味の素ゼネラルフーズ

9位 ネスカフェゴールドブレンド     ネスレ日本

10位 ザ・ブレンド ブルーマウンテンブレンド  UCC上島珈琲

10位 マキシムインスタントコーヒー    味の素ゼネラルフーズ

おまけ  美味しさの秘訣 インスタントコーヒーは ”お湯の温度は80度前後がよい”そうです。

(^o^) ご隠居さん私達もこの辺でコーヒーブレイクといきましょうか。
    今インスタントコーヒーをいれます。でも何位の銘柄かはないしょ

(-^〇^-) 気がきくね〜、あたしゃコーヒーの味はよくわからんから何位でも関係ないよ。ではいただきましょ。アッチチッ!
(=`◇´=) こんなに熱くちゃ舌がやけどしちゃって味がわからんだろう。

(-_-;) ゴメンチャイ ・・・お湯をさますの忘れました。




                      





posted by katte at 22:31| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月06日

ドリップコーヒーメーカー

ボダムのドリップコーヒーメーカー.jpgコーヒーメーカー新発売


昨年末、日本で発売されたばかりのボダムドリッパー コーヒーメーカー
ゴールドトーン フィルター付が、一寸目に付きましたのでメモしました。

主な仕様と価格は以下の通りですが、コーヒー専門店で真空パックされたコーヒーを買うもよし、コーヒー豆の種類にこだわりのある人は焙煎した豆を仕入れてきて、自分好みにミルで挽いてドリップしてみるのもいいですね。一人で楽しむなら、0.5 L サイズのもので丁度いいでしょう。

耐熱ガラスのジャグの上にプラスチックのフィルター置きをのせペーパーフィルターをセットして、コーヒー粉を入れて上からお湯をそそぐ、その方法に変りはないわけですが、メーカーの説明によれば、この製品に付属しているゴールドトーンフィルターに特徴があるのだとか。

コーヒーを美味しく抽出する条件の一つに、お湯をそそいだ時に豆から染み出るコーヒーオイルがあるのですが、ペーパーフィルターを使用すると、このペーパーフィルターがコーヒーオイルを吸収して、コーヒー粉を濾す目的以外に油の濾紙の役目も果してしまうために、うまみ成分を生かしきれていなかったらしいです。

らしいというのは、いままで私もそのことに考えが至らなかったという事なんです。今回チタン製フィルターを採用する事で、オイルも、香りも通す事が出来るようになったそうです。まあチタンじゃなくステンレスでもいいような気がしますが、加工上の問題か、熱伝導とかテストしてチタンにしたんでしょうね。



ボダムのゴールドトーンフィルター付ドリップコーヒーメーカー


価格

1.0 L  8,000円

0.5 L  7,350円

サイズ

1.0 L 高さ218mm×幅158mm×直径111mm

0.5 L 高さ164mm×幅151mm×直径 98mm

材質

耐熱ガラス、ポリプロピレン、チタン

(^o^) ご隠居さん。さぞかしペーパーフィルターなんかチタン駄踏んでくやしがっているでしょうね。    

(=`◇´=) おまえさん、それも言うなら地団駄だろう。

(^o^) そうなんですか、私としたことがどうちたんでしょうね。ちっともちたんかった。


             ↓

             ↓

             ↓

             ↓

(^o^) 親ぶ〜ん て、、て、、て、、てえへんだ!てえへんだ!じゃなかった。 ご隠居さん大変です。コーヒーメーカー売り切れ続出で手に入  らなくなりました。

(=`◇´=) う〜ん人間手に入らなくなると欲しくなるもんだ。直ぐ買っておけばよかったな。

(^o^) でも大丈夫、↓ のならまだてにはいりますよ。買いますか?

(=`◇´=) う〜ん、う〜ん もご、もご、もご 

             
         

     
posted by katte at 00:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月26日

コーヒー豆のおもちゃ

コーヒー豆.jpg

コーヒー豆の皮が玩具の原料に

玩具のメーカバンダイはコーヒー豆を包む薄皮を原料に使った玩具自動販売機用のカプセル玩具を来春発売します。

今まで捨てていた薄皮を再利用する取り組みの一貫だそうですが、キーコーヒーと共同で玩具用素材として開発したということは捨てていたものを生かすという意味でも、燃やす際に、有毒ガスやダイオキシンを抑制できる地球環境に優しい材料がまた1つ増えたという意味でもいいことですね。

カプセルの中身はカブトムシなど昆虫の人形六種類で、1個200円だそうです。
”うわっ 高っ!よく知らないけど(知らなかったら言うなっての)カプセル玩具って100円じゃないの ぶつぶつ・・・・”

同じ豆でも、大豆の場合おからが出来るのは皆知っていることですが、いまだ十分有効に生かされずに大量に不法投棄されていることを知る人は少ないです。

食べれば、健康に大変よいとわかっていてもある程度高齢者じゃないと家庭料理の材料として使用しなくなってしまいましたから、新しい取り組みをして新しい食品や商品を開発しないと不法投棄は減少しないでしようね。

それを考えるとコーヒー豆の薄皮から作る玩具用素材はぜひとも成功してもらいたいものですが、”う〜ン、どうなんでしょう。いわゆる1つのですね、真中の直球をジャストミートしてホームランをする、それがですね。ファイティングスピリッツのバッティングテクニックいわゆるひとつのガッツなんじゃないんでしょうか。ハイレベルのチャレンジが成功をゲットする、まあ早く言えばジャイアンツは永遠に不滅なんですから成功間違い無しですね。ハイ。”

(^o^) そうなんですか。ちょっと意味がよくわかりませんが

(=`◇´=) いやいや、さすがだね。あたしにはよくわかりますよ。
     それに卯の花の炒り煮、好きだね。これを温かいおまんまの上に     のせて食べるというと、何杯もおかわりしてしまうくらいおいし     いね。

(^o^) もしもーし、ご隠居さん、コーヒー、コーヒー、いまはコーヒー豆    のはなしですよ。

(=`◇´=) いいんだよっ!コーヒー豆も、おからも、炒るから美味しくなる      んだから。ハッハッハッ、亀の甲より歳の功だね。

(^o^) まあいいですよ、卯の花だけに、今日はご隠居さんに、花を持たせ   てあげますよ。




 
posted by katte at 00:16| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月13日

コーヒーは何処で飲みますか?

コーヒーはどこで飲みましょうか

コーヒーをファーストフード店で飲むか、セルフ式コーヒー店で食事をするか

これはどう言う事かというと,ハンバーガー店がカフェ業態の展開を始め、セルフ式コーヒー店がべーグルなどの朝食メニューを大幅に増やす傾向にあるという意味です。

ハンバーガー店がコーヒーをコーヒー店が食事を充実させる背景にはカフェ人気が今後とも増加するだろうという予測にもとずいて消費者の囲い込みをはかりたいという戦略があるからとおもわれます。

ハンバーガー店の安い、便利、近いを選ぶか、セルフ式コーヒー店の美味しい、カッコよさ、雰囲気、を選ぶかはたまたその時々で使い分けるのか、これは時間がたってみないと消費者の動向はわかりません。

(=`◇´=) ほんとだにゃ,コーヒー好きだからといって味にうるさいとは言えないし、コーヒー通だからといって安いコーヒーを飲まないとも言えないね。味覚は感性。芸術を鑑賞しても作品(陰の声:本当はご隠居も芸術なんてまったくわかっていません。)によって好き嫌いがあるように個人差が大きいからね。そこえいくとお前さんのお酒にや好みなんてないようだな。安いお酒も銘酒といわれるお酒も、お酒と名がついてさえいればうまそうにのんでいるもんなぁ。

(-_-;)うっ・・・そんな。なんなら山田錦と越の寒梅と八海山を並べてみてください。目隠して当ててみますから。まずいものでも美味しそうに飲み食いするのが私のスタンスなんです。それに今はコーヒーのお話をしているんですからね話題をお酒の方へ振らないでくださいよ。ほんとうに最近はちょっとしたコーヒーブームなんですね。しかもそのブームをけん引しているのが、女性のようなんですよ。ご隠居さんのお好きな。

(=`◇´=)それはお互い様じゃろ。今でも女性に対する憧憬と純情は少年時代とまったくかわっていないんじゃよ。

(^o^)私もまったく同じです。久しぶりで、意見が合いましたね。いい歳してはずかしいんですが、いまだに、素敵だなぁと想う女性にはまともに口がきけませんです。ハィ!
posted by katte at 01:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月11日

猫カフェ

猫カフェって?

犬カフェは犬の散歩の途中で寄ったり,犬と一緒に入れるカフェだってことは誰でも知っていますが,その猫バージョンが猫カフェではありません。

猫カフェは台湾が本場?というか台湾からはじまったようです。
 
どんなお店かと一口でいえば自分で猫を連れて行くのではなく、店内に猫がたくさんいて自由に猫と遊べるんだそうですから、猫好きの人にはたまらないですね。

それだけマニアックゆえにこのてのカフェは日本でも数は少なく東京、大阪合わせて20弱、トータル全国で30程度というから少ないですがちょっと行って見たいカフェのひとつです。実をいうと私は隠れ猫好き。ただ私の子供の頃は男が可愛がる動物じゃないような事を言う大人がいましたからあまりおおっぴらに猫が好きだとは人前で言いませんでした。

江戸時代、遊女を隠語で「ねこ(寝子)」と呼んだり、またねこを寵愛した薄雲太夫がいたということから、猫好き=遊女好きになる。なんて変な縁起をかつぐ大人がいたんですかね。

(=`◇´=)若い頃、ねこをかわいがってると、うちのばーさんがいやな顔したのはそのせいかな。     

(^o^)  ご隠居さん知らなかったんですか、何を聞いても知らないって言ったこと無いのに。特に冬は布団にもぐり込んでくるので湯たんぽいらずで子供の頃ずいぶん助かりました。ご隠居さんにぴったりだとおもうけどな。

(=`◇´=)そりゃだめじゃ、ばーさんが怒る。それにすこしゴツゴツする が二人で寝れば大型湯たんぽをいれているのと同じじゃからナ。

(^o^)  エッ!まだご一緒におやすみですか もごもごもご 


     



posted by katte at 01:54| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月08日

コーヒーを目の前でいれる

img1058518264.jpg客の目の前で調理する。


立ち飲みコーヒー店もコーヒーを入れる器具を客の目の前に置いてコーヒーを入れる様子を見せる、それが消費者に好評だという。

これは食品偽装が続出しているため,少しでもお客さんに安心感を与える演出なんだとおもいますが、そうする事によって売上が80%増加したというから誰もが偽装に敏感になっているんですね。

今でこそ、純喫茶の看板を捜すのさえむずかしくなりましたが、私が学生の頃は、あちこちに純喫茶がありました。まあ大抵はボックス席に座りコーヒー1杯で何時間も粘って、ただ暇をつぶしていたもんですが、時にはカウンター席に行き目の前でコーヒーを入れてもらうこともありましたから、別に新しい試みとは思えませんけれども・・・・・

新鮮な食材で手作りする、ハンバーガー店、「ゼストプレミアムバーガー ラクーア」は仕入れた牛肉の塊をひき肉にする段階から焼き上げるところまで見せるそうですが、ここまでくると、もうファストフードじゃないような気がしてしまいますし、当然ながら価格も高めだそうですから安全第一の人向きのお店なんでしょう。

小腹がすいたからちょっと寄っていこう、子供達のお土産に買って帰ろうか、みたいなマクドナルドに代表される安、近、短、感覚のお店とはかなりかけ離れていますよね。

(=`◇´=)わたしゃハンバーグより、和菓子がいいなぁ。美味しいお茶を飲みながら頂く餡ころ餅は最高だね。エッ赤福、あれはいけません。悪どい偽装をしていたんじゃからな。う〜ん好きだったのに・・・・・あんな清純そうな愛ちゃんが悪女だったなんてみたいなもんじゃ。

(^o^)もしも〜し、ご隠居さん話が飛躍しちゃってますよ

posted by katte at 21:12| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月19日

バールが南欧風居酒屋???

南欧風居酒屋

南欧風居酒屋って???

日経新聞によると

南欧風居酒屋 開業相次ぐ
 外食各社が相次ぎ「バール」と呼ぶ南欧風居酒屋に力を入れている
 ・・・・・云々 以下略

とありました。あれれっ! 「バール=南欧風居酒屋」といつから呼ぶようになったの。私が知らなかっただけで、以前からそう定義づけられていたのかもしれませんがなんか座りごこちが悪いというか、居心地が悪いというか、自分の中ではしっくりきません。

私のメモ帖には「バール=昼間は行きつけの喫茶店、夜はワインやカクテルを楽しむバー」とメモしてあるからかも知れませんね。

バールにも5,6種類のタイプがあるらしいので、イタリア通の人にはきっとピッタリくるよびかたなんでしょう。

ついでに、南欧と言うのはどのあたりをいうのかと言えば イタリア、ギリシャ、ポルトガル、スペイン、フランス南部のことだそうですので( ~∇~) メモメモ、です。

日本の居酒屋にもやはり色々なタイプがありますからごちゃごちゃ細かい事を云うのはやめましょう。

(=`◇´=)こら、こら 居酒屋と言う文字を見ただけでコーヒーのことを忘れてしまうんだから困った人だなぁ

そうでした、これはコーヒーの話題なんですよ〜 すみませんでした。
ここで一度コーヒーブレイクしたあと、じっくり考えてみます。

ないしょですが本当はお酒ブレイクです。\(^o^)/
posted by katte at 18:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月16日

コーヒー大福

コーヒー大福

coffe-daifuku.jpg

子供の頃、我が家ではお正月のお餅をつく時切り餅のほかに必ず餡の入った丸餅もつくっていました。

そのせいか、小豆の餡が入った和菓子、けっこう好きです。
でも、白餡の入ったのは苦手なんです。

大福も嫌いではありませんが、変わり大福(と呼んでいいのかどうかわかりません)はなんとなく敬遠して食べた事はありませんので、お味の方をどうこう言いえません。

でもおおむね評判はいいようですね。

「イチゴ大福「抹茶大福」「宇治金時大福」 「かぼちゃ大福」「モンブラン大福」「ティラミス大福」「ショコラ大福」「ブルーベリ−大福」等々色々ありますね。

今に「芋大福」「羊羹大福」「肉大福」「ハンバーグ大福」「みかん大福」「桃大福」「ぶどう大福」その他いろいろ出てくるのようなこないような、まあよくわかりません。

コーヒー大福にも、コーヒー色したもの、外見は普通の大福で餡の部分に工夫を凝らしているもの(だいたい餡の内側には生クリームがはいっている)とありますが、主流は後者で、コーヒー入りの餡を開発するのに、どのお菓子屋さんも大変ご苦労されたそうです。

ブログなど拝見すると、好きです。美味しかったです。また食べたいで〜す。の声が多いです。

普通の大福なら、飲み物は、私は迷わずお茶にしますが、さて、コーヒー大福のときは、どんな飲み物が合うのでしょう。やっぱりコーヒーなんでしょうか?

一つの材料で何々ずくしと言う食べ方があるので、コーヒーが本当に好きな人にはコーヒー大福に飲み物もコーヒーと言うのが当たり前田のクラッカー(←古〜ッ!それに何時ものことながら文章にひんがないね。) 間違えました当たり前の選択ですね。

そう言えば、酒饅頭を食べながら、お酒をいただく.酒粕をちょっと焼いたのをつまみにお酒を飲んでるなんて人もいるかもしれません。(ハハハハッ!なんだか訳わかんなくなってきたので強引に話をまげちゃった。)

○(=`◇´=)○ コラ!!!、他人事みたいに、それはお前さんのことだろう。

いいえ、ちがいます、私は色々な種類の料理があったほうがいいんだも〜ん
\(^o^)/そのほうがお酒が美味しく飲めてハッピーなんです〜。

○(=`◇´=)○ ハッピーはいいけど、今日はコーヒー大福のメモ帖としてはあまり参考にならなかったなぁ〜
ファ〜眠い〜(-ρ-).....ZZZZZzzzzz。。。。。

(`ロ´)ノふんっ!!!


じゃ、ひと眠りして目が覚めたらこれを見てください。参考になりますよ。

             ↓




posted by katte at 23:35| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月24日

コーヒーが似合う風景

コーヒー誰と一緒に飲みましょうか?

pinkira.jpg

たまには,こんな飲み方したいなぁ
しかも,温かいのを。例え夏でも。

遠い昔を想い出しながら,コーヒーの味が変わらないように、歌いたいの
をぐっとこらえて歌詞だけε=ε=( ~∇~)ψ メモ、メモ!しときます。

作詞 岩谷時子
作曲 いずみたく
唄  ピンキーとキラーズ

   前半省略

恋は 私の恋は

空を染めて 燃えたよ

夜明けのコーヒー

二人で飲もうと

あの人が云った

恋の季節よ



コーヒーが実にピッタリはまってます。

でもアイスコーヒーや缶コーヒーじゃいけません。

まあ好き好きですから温かいコーヒーを強制はしませんが

私としては歌詞の3行目〜5行目が気になります。

本当はここが一番いいところですよね。

ホテルのラウンジから夜景を眺めながら,お酒のグラスを片手に
ソットささやいているところが浮かんできます。

お酒がプロローグでで夜明けのコーヒーは余韻を楽しむエピローグです。

○(=`◇´=)○ コラ、コラ〜〜〜、勝手にお酒を登場させるんじゃない。
コーヒーが似合うシチュエーションの話だったんだろう.

最近じゃお酒を飲まない男性が増えてるんだよ.
お酒より甘いお菓子やフラペチーノがお好みらしいからお前さんのように直ぐにお酒を連想するのはいけないな。

ひょっとしたら、二人であんみつでも食べながら、夜明けのアズキクリーム
フラペチーノを飲もうと言ってるかもしれないぞ。

え〜っそれじゃ、こうなるの。

夜明けのアズキクリームフラペチーノ

二人で飲もうと

あの人が云った

恋の季節よ



( ̄口 ̄;)!ガーン!

歌いにく〜

posted by katte at 00:31| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月16日

コーヒーと夏休み

コーヒーと夏休み

コーヒーを、今頃、まあお盆休み前後に、お店に入って飲んでいますと、必ず想いだすことがあります。

それは、私がまだ学生の頃のことなので、ずいぶん古いお話ですが

その年も、夏休みが始まるといつものようにアルバイトをしていたのですが、(今と違って、職種も少なく学生アルバイト=肉体労働みたいな、いわゆる3Kが多かった)アルバイトを終えた頃には結構疲れていてアルバイトが終わるや否や、田舎にとんで帰りました。

その頃田舎では、母が、軽食と喫茶のお店をやってましたから時には、お客様の席まで、ご注文の飲食物をおとどけすることもありました。

その日はちょうど私と同じ年格好の学生さんが二人でホットコーヒーを注文されたんですね。きっと、夏休みを利用して旅行にこられたんでしょうが、知らない土地でどんな店に入っていいやら迷ったすえ入ってこられたんでしょう。

駅前にあるみやげ物店に併設されている喫茶店やレストランは、観光地ゆえあまり値段がリーズナブルとは言い難いので、駅から5〜6分離れた母のお店に入った学生さんの気持ちよくわかります。

ですから、チョッとコーヒーを頼んで、その店の味のレベルを確かめてみるみたいなこともあったかもしれません。

でもコーヒーを一口飲んだ学生さんの口から出た意外な一言ととは
              ↓

              ↓

              ↓

              ↓

              ↓

              ↓
(゜-゜)(。_。)うん!これインスタントだよ。ネスかな?

飲み終わって、こんな店に入るんじゃなっかたと不満そうな顔をして出ていかれました。

実を申しますと、私の母は、私が物心をついたときからずっとコーヒーの入れ方に大変なこだわりを持っている人だとわかっていましたし、ましてやお店で出すコーヒーはインスタントどころかいつも●●珈琲店というコーヒー豆専門店まで出かけては仕入れていました。(ですから私もインスタントコーヒーの味は知らずに育ちました。)

勿論入れ方にも手間暇かけていたのはいうまでもありません。

ですから、近くの珈琲ヽ (^u^)ノ好きデス☆☆☆みたいなお客さんには
わかってもらっていたみたいですけどね。

ことほど左様に、味というものはむずかしいもの、人によって同じものがまずくなったり、美味しくなったりします。

蛇足ではありますが、母が作る食事のほうも、地元紙に美味しいと、勝手に掲載されたりしてましたから、だいたいいつもお昼で売り切れ状態でご注文頂いても学生さんにお出しできたかどうかわかりませんけれども食事をしていって頂きたかったです.それならきっと満足されたはずですから。

でもカレーライスなら、チョッと微妙です。←今風の言い方で恐れ入ります。何故なら、色が黄色で、ジャガイモ、にんじん、たまねぎがその存在感をあらわにしているのがカレーライスであると信じて疑わない方も多いから,カレー粉をいためることからはじめて、肉以外の野菜は原形をとどめる事がないほど長時間煮込まれていましたので,”なにこのカレーライス”なんてね,万人に好まれるとは限りません。

どちらがいい悪いでもなく,どちらが正しい正しくないでもなく、結局は主体的なもの,その人の感性,味覚の問題です。

今日は、コーヒーがいつのまにかカレーライスにばけてしまったようだけど
たまには,アルコールぬきもいいね。

そ、そんな,勝手に決めないでよ。 でもやっぱり味覚は複雑で、むずかしいなぁ。


posted by katte at 01:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
お気に入りに追加

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。